自己紹介と経歴


>>トップページへ戻る


◆◆◆ どうでもいい自己紹介 ◆◆◆
名前  冨樫純一(とがしじゅんいち)
性別  ♂
年齢  49
所属  大東文化大学文学部日本文学科 准教授
専門  現代日本語の感動詞、間投詞、応答詞、終助詞の類、あと、役割語など
 いちおう、博士(言語学)です
職歴  〈常勤〉
 2005/04-2007/03 筑波大学大学院人文社会科学研究科 助手
 2007/04-2015/03 大東文化大学文学部日本文学科 専任講師
 2015/04-現在まで 同 准教授

 〈非常勤〉
 2004/04-2005/03 筑波大学大学院人文社会科学研究科 博士特別研究員
 2004/04-2005/03 大東文化大学文学部日本文学科 (担当科目:日本文法論など)
 2004/04-2005/03 東京外語専門学校日本語教師養成科 (担当科目:言語学概論)
 2005/04-現在まで 文教大学文学部日本語日本文学科 (担当科目:日本語学基礎演習など)
 2014/03-2015/03 埼玉大学大学院文化科学研究科 (担当科目:日本語学)
研究  〈研究分担〉
 科学研究費補助金 基盤研究(B)
 「現代日本語感動詞の実証的・理論的基盤構築のための調査研究」
 (研究代表者:友定賢治(県立広島大学)) 平成19年度~平成22年度


◆◆◆ どうしようもない経歴 ◆◆◆
出来事 コメント
1971 誕生  山形市に生まれる。
 オードリー・ヘップバーン、菊地桃子と同じ誕生日。
 
1987/04 山形県立山形中央高校 入学  試験の時、コンパスを忘れて、数学の問題が1/4ぐらい白紙だった。
 ここしか受験しなかったので、危うかった。
 ちなみに最初は理系クラス。微積で脱落して文系に。
1990/04 山形大学人文学部文学科 入学  センター試験一期生。
 二次試験の小論文で「そうですね」について書いてしまう。
 この辺りから学問としての日本語に目覚めかける。
1994/01 卒論提出  卒論は出したけど、卒業はしなかった(笑)。
 前代未聞だったらしい。
 大学で院試の勉強をしたかったので、意図的に単位数を満たさず。
1994/04~1995/02 大学院進学の勉強  大学5年生として在籍しつつ、院試の勉強ばかりする。
 ……ウソ。麻雀とゲームの日々……。
 ちなみに麻雀仲間はみんな仲良く5年生になってました(笑)。
1995/03 大学卒業  卒論提出の一年後、卒業。
 奇跡的に筑波大学大学院に合格する。
 未だに、なんで合格できたのか不思議に思う。
1995/04 筑波大学大学院 入学  初めてのひとり暮らし。
 つくばは田舎だなあ、と思った。
 …まさかTXが完成するまでいるとは思いもしなかったよ。
2004/03 筑波大学大学院 修了  【博士号】 キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!! 【取得】
 博士(言語学)の学位を取得。
 博論は原稿用紙換算で800枚強。
2004/04~2005/03 筑波大学大学院 博士特別研究員  修了したにもかかわらず、研究員として居残り。
 研究したり非常勤したり、気ままに暮らす。
 つくば生活10年目。
2005/04~2007/03 筑波大学大学院 助手  研究員が1年で終わって、次は助手として居残り。
 生まれて初めてボーナスがもらえる身分に(・∀・)
 つくば生活11年目と12年目。
2007/04~2015/03 大東文化大学 専任講師  講師として大東文化大学に着任。 
 非つくば生活に移行。
 引っ越したいへんだ。
2015/04~ 大東文化大学 准教授  准教授に昇格。 
 埼玉生活13年目に突入。
 夏暑い。
近況報告は、ブログ「ネ言」のほうでやっていたりいなかったり。




mail : jtogashi@ic.daito.ac.jp