《漢文訓讀の色葉》

〜授業用備忘録〜


  目  次 

      《卷 之 上》     

  1、訓讀とは

   2、漢文の基本型について

   3、熟語の基本型について

   4、漢和辭書の引き方

  5、返り點の用法と種類

  6、送り假名の決まり

   7、書き(讀み)下し文の決まり

   8、訓讀上に於ける特殊な讀み方の漢字

《閑話休題・1》・・十干十二支

      《卷 之 中》     

   9、否定形の代表的パターン

  10、使役形の代表的パターン

  11、受身形の代表的パターン 

  12、疑問形の代表的パターン 

  13、反語形の代表的パターン

  14、願望形の代表的パターン

  15、推量形の代表的パターン

《閑話休題・2》・・年齢之雅稱

      《卷 之 下 

  16、假定形の代表的パターン

  17、限定形の代表的パターン

  18、比較形の代表的パターン

  19、抑揚形の代表的パターン

  20、詠嘆形の代表的パターン

  21、倒置形の代表的パターン

  22、累加形の代表的パターン

《閑話休題・3》・・三公九卿與三省六部

【餘談】・・出自之訓讀

 *代表的參考書(一部)

   後記

 *遊び(複文)

《資料・・唐代長安城区割圖》

トップへ


[屑籠備忘録に戻る]